いろんな種類があってストックしておくのも楽しい、ダイエット茶。

私は極度の便秘です。そんなこともあり、20代の頃にまず、減肥茶を飲みました。クセが強いことは私は問題なかったんですが、家族は嫌がりましたね。両親なんですが、ふたりともダイエット茶としての効果を狙っていて、でもふたりとも飲みづらいと、一回飲んだか飲み切らないかくらいですぐ辞めてしまいました。
わたしのお通じはというと、初めのうちは効果があったと思います。でも、しばらくしたら慣れたのか、それともそもそも水分を多く取ったことで効果があっただけなのか、しばらくしたらまたいつもの便秘に戻っていました。
元々お茶が好きで、濃いめのお茶や苦味の強いもの、クセの強いものもそれぞれ楽しんで飲むほうです。
とうもろこしのひげ茶とかもまったりとして好きです。
ダイエット茶、というような響きにも弱いです。
そもそもどのみちお茶そのものにダイエット効果はあるはずだし、どうせ飲むならダイエット茶って書かれているものを今後飲み続けるようにしよう、と減肥茶の頃に決めて以来、今もってそれは続いています。
おすすめ→からだ楽痩茶をお試しする
減肥茶の次くらいに、ダイエット茶としてドラッグストアに売られていたプーアール茶を買って飲むようになりました。食後の口の中が洗われるような感覚も好きで、プーアール茶はしばらく飲みました。ダイエットやお通に効いていたかは分かりません。
プーアール茶のあとは今になりますが、今は家に常時、いろんなダイエット茶のストックを置いています。
その中でも今の定番になっているのはルイボスティー。プーアール茶とも少し近いのですが、油っこいものを食べた時などにはいい気がします。
まだまだいろんなダイエット茶、試して飲んでいきたいと考えています。