人のためになる仕事は自分のための仕事でもある

「人のためになる仕事」と聞くと大それたように聞こえます。
しかし、「自分のための仕事」と聞くと少しハードルが下がるようにみえますね。

この2つの仕事の概念、実は同じなんです。

いったいどういうことなのか?というと。
結局、「人のためになる仕事」はまわりまわって「自分のためになる仕事」と繋がります。

つまり、仕事は一つではないということです。
すべて繋がって仕事ということは成り立っています。

なので、「自分の仕事なんて・・・」と卑下する人もいますが自信を持ったほうがいい。
その仕事が必ず誰かのためになっています、必ずです。

一つとして無駄なことなどありません。
ただ、気づいていないだけで誰かが救われ、役に立っています。

人のためになる仕事」の記事でも紹介されてますね。
人の為は自分の為、これは宇宙の摂理であり普遍的な人間の意思、だと。

若干哲学的ですが、仕事とはそのように「繋がり」でできた関係性があります。

今まさに仕事選びで悩んでいる方。
仕事に行き詰っている方は、今一度仕事と向き合ってみてはいかがでしょうか。

振り返ってみると「誰かのためになってた」と気づかされるはずです。