動きが困難な身体を悩むより、残存機能を大切に

“ウォーキングの際に、日が照っていなくても紫外線対策をして出かけます。

日ざしが強くなくても、紫外線は肌に悪影響をおよぼすこと等、女性が気にする所です。

ウォーキングをしても、シミやしわを多くつくってしまっては、悩みとなり気を付けています。

最近は、休日に歩く時はお化粧をするのが億劫になりました。

休日には、お肌には少な目のお化粧仕上げと、したいのです。

わたしにも便利な日焼け止めとなる、(ティーンベージュ)色があるのです。

ファンデーションの様な、お色です。

わたしは最近、これがお気に入りで

洗顔後、化粧水・オイル・そしてティーンベージュのお色の日焼け止めをつけての、

ウォーキングをします。

紫外線対策をしているけれど、ファンデーションはつけていないと言うものです。

ウォーキングの姿勢は、大切なものと思いますが、

わたしは、背骨と腰椎の間にチタンを多くいれていますから、

歩くことも、少し困難となります。

痛みや神経症状がひどくて、手術に至ったのです。

手術前の元気な時には、考えられないくらい

チタンで背骨を支えていることで、今は不自由なからだとなりました。

でも健康のために、こんなチタン入りのからだとなっても弱音をはいたら、

手術した意味がないものです。

背骨をまっすぐに支える為の、チタンを使っての手術方法をしました。

手術の前に、わたしの身体はかなりきつい痛みを感じていました。

ちょうど両親の介護をするべきときでした。

でも痛みのある身体のわたしは、親を十分に支えてあげることができなかったのです。

現在両親はもういなく、親に対しての後悔や反省も多く感じ、悩むことがあります。

今私にできる事として、親からもらった身体を大事にして、生きて行くことが大切と思います。

ウォーキングの際には、チタンが入っていない元気な時の様に、

さっそうと歩いてはいないかもしれません。

でもわたしは若い頃から、年齢を重ねても背筋だけは曲げないで歩こうとの

思いがありました。

勝手な思いかもしれませんが。

すれ違う人にも、わたしのからだにはチタンなど入っていない様なふりをします。

歩くにも、わたしの様なからだとなった人は

起きて早めのウォーキングがらくと思います。

今朝も残存機能は大切なものと感じて、40分位歩いてきました。

親孝行にはならないかもしれませんが、両親には拝む際に歩いた事を報告しました。”