発達障害はなおるものではないが家庭学習をすれば善い方向へ向かう

たくさんあるのですべて箇条書きにして、その下に理由を述べます。
まず、
注意してほしいのは発達障害は治りません。是正はされていきますが当人はものすごい苦労とプレッシャーしかありません。だから、家庭学習はほ矯正させていると発達障害の親は理解しなくてはいけません。
それから、
そのわきまえがないとすぐに警察や児童相談所おくりとなります。親が、手を仕方なく出してしまっても、DV認定です。
しかし、その努力を怠って発達障害である自分の子を他人に療育させる、つまり、簡単に児童相談所や市の発達障害すぐ相談してはいけません。小学校や幼稚園も特別支援クラスとなり、最初からこんなつもりはない大学にだっていけるレベルなのにと後悔します。
特別支援学級でも中間や期末ありますよ。大学にそこから進学するかたもいて格差社会です。
親がまたは指導者が発達障害児を指導するコツは多様性を認めること。簡単にいえばこれにつきます。
それでははじめます。
①周りのママ友を作るのをやめる
同世代の子供と自分の子を比べてしまうから。
②授業参観は子供だけを真剣に見る。
他人の子と比較せず、何が足りないかチェック、メモする。
③付き合いのある顔見知りのママ友のはなしが子供の話しであった場合、学校の様子などは絶対聞いたふりをする。
こちらが困れば困るほど面白がられ話題にされます。
④授業参観の空き時間は全学年をみにいく。
LD児は早めの取り組みが一番の解決策だから。何年までに家庭学習にどの経験を親がしつければいいのか把握できる。
この①から④は本、インターネットにはかかれていない事項で本当に困っているお母さんに向けた私からのメッセージです。
どうにかしてお母さんが孤立せず、楽しく人生を送ってもらいたい。お母さんは絶対に自分を責めない。ふざけているのではなく個性だからなのです。
親族で発達障害児童に理解のないものは、そもそも幼児教育や児童心理については興味がないのでしょう。例え超高学歴でも学んだことがないので知らなくても当然ですから、発達障害についてじょじょに認識を深めれば良いのです。
発達障害児はお客さんでこちらがサービスを提案するというスタンスに変えた方が絶対に精神は安定します。
しかし、このアンケートの主旨に外れるのでを家庭学習子供に対しての訓練を3つ上げます。
①時間   
ストップウオッチ→砂時計 この連鎖
②視覚
定規これはセンターで失格となりました。
③聴覚
できれば片耳
ヘッドフォン→耳栓→片耳
料金以上に真剣に取組みました。本当に参考にしてほしいです。
これを参考にする人が増えて苦しむ人がいなくなるように。